泥沼にはまる出会い系サイトの見極め方

ほとんどといっていいほど出会い系の利用者はニックネームを使用しているので、本名を公表している人は結構珍しいですが、下の名前はそのまま使う人もさほど珍しくありません。
ホームページで知り合ってやり取りをしていくうちに打ち解けてくると、最初の警戒心も解かれて思わず本名教えてしまうという人がいます。ところが素性のはっきりしない相手に自分の本名を教えてしまうことは大きなリスクを伴います。ここ数年で増えてきているのが、フェイスブックによる個人情報流出の問題です。
全体に公開していたり、お友達をたどってだれでも見られるような設定になっていると、教えた本名からたどたれて、大事な情報が流失してしまうことになりかねません。

この間出会い系で仲良くなった相手とお会いしてみました。

それまでアプリ上でメールのやり取りはありましたが、相手と実際会うことは今までなかったので、前日の夜は眠れないほどドキドキしていました。しかしその日になると、思っていた以上に相性ピッタリの相手で、楽しくデートすることができました。話題があるかな?どんなところで会うのかな、といった不安もありましたが、実際は素敵なおみせで楽しく話せて、思いがけない共通点や趣味の話など、話が尽きずお互い親近感を抱きました。
これからもデートするつもりですし、出会い系アプリも捨てたもんじゃないですね^^ お見合いの場や婚活ホームページで実際に相手に見せる写真ならともかく、インターネット上の出会い系で相手と交換する顔写真は例えプリクラの写真だとしても文句をうけることはなく、多少であれば写真を加工し立としても問題ありません。

しかし、極端に修正を加えてちがう人のようになっては、リアルで会った際に相手が驚いてしまい、プッツリと連絡が途絶えてしまう事もあります。写真を加工して少しでも自分を良く見せたいという気持ちも分かりますが、関係が途絶えてしまっては意味がありません。写真交換に重きを置かずに、すぐに会ってみるほうが成功するのではないでしょうか。現在では出会い系ホームページが身近なものとなり、出会い系ホームページやアプリを使う人が増えました。

それと同時に出会い系によるトラブルが増えたも言われます。

しかし実際、出会い系ホームページで起こる犯罪にか替るのは、多くが未成年者です。

成人男性が遭遇する犯罪として最も多いと言えるのは、相手の女性が18歳未満という可能性があることを知りながら、セックスしたことにより、トラブルとなる場合が多いようです。

一方女性利用者が犯罪に巻き込まれてしまう場合、男性と直接会って、車で危ないところへ連れていかれるということがよくあります。

注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)を忘れないでちょーだいね。

ここ数年では、ポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)換金制を導入している出会い系ホームページが増えています。

利用に応じてポイント(部分という意味もありますよね。
アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)がたまり、それをホームページ内で使ったり換金したりできる制度なのですが、ホームページの利用のたびにポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)がたまり、ホームページ上で利用できたり換金できたりする便利なシステムなのですが、こうしたホームページを利用する際には、「キャッシュバッカー」(CBと略されることもあります)に気を付けましょう。

これは、出会い系ホームページ利用者の中に、出会いを目的とするのでは無くて、ホームページ上でたまるポイント(部分という意味もありますよね。

アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)を得ることを目的として利用している人もいて、そうした人立ちをキャッシュバッカーと呼びます。

そうした人立ちはサクラと持ちがうし、疑いをもたれるような不自然な返信をするプログラムとも持ちろんちがうため、判別が難しいところですが、一つ言えるのは、延々やりとりを繰り返すだけで一向に会おうとしてくれないのであれば、泥沼にはまる可能性があるので、早々に見切りをつけましょう。

今すぐヤレるサイト

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です